松戸市にて外壁塗装

外壁塗装

先日、松戸市にて行った外壁塗装の様子をお届けいたします。

 

<外壁塗装>

 

外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りが基本になります。

下塗りは下地強化剤を塗り、上に塗る塗料の密着力を高め、長持ちさせるために行います。

中塗りは上塗り材の補強や平滑な下地を作ることが目的です。

上塗りは仕上げであり、見た目と塗料の最終的な持ちを左右する工程です。耐久性を確保するため、仕上げ塗料は2回塗るのが基本です。

 

<付帯部塗装>

 

続いて、付帯部塗装の様子です。

付帯部は、素材が木製やビニール製など様々ですが、塗装することで寿命を延ばすことにつながります。

太陽光の紫外線や熱、雨などで劣化した付帯部を交換するとなると、高額な費用がかかってしまいます。

反りや破断がある場合にはどうしても交換が必要になりますが、それ以外の場合は塗装し直すことによって安価ですみ、家を長持ちさせることにつながるのです。

 

<ベランダ防水塗装>

次にこちらはベランダの防水塗装の様子です。

ベランダ・バルコニーの床面は基本的に、下地の上に「防水層」を作り、

その表面に「トップコート」を塗ることで構成されています。

ベランダの塗装はなるべくこまめに塗り替えをすると、結果的に費用が安くなることが多いです。

何故ならトップコートよりも防水層、防水層よりも構造用合板の方の修繕費が高いからです。

より安い段階で修繕をして内部の損傷を防ぐことが、費用を抑えながらお住まいを守ることにつながります。

表面の色褪せ、塗膜や防水層のひび割れ・剥がれ・ふくれ、水のたまり、植物や藻の繁殖、雨漏りなどの症状がベランダに現れた際は、早めにご相談されることをおすすめいたします。

 

<コーキング施工>

外壁のコーキングは、外壁材の劣化や雨漏りを予防するために必要な工程の一つです。

コーキング材は弾性があるため、外壁にコーキングをしておくことで、住宅が横揺れした際の外壁材のずれやひび割れを防ぎます。また、コーキング材には防水性もあるため、外壁材の隙間に充填しておくことで雨漏りによる住宅劣化も防げます。

 

皆さんは、屋根・外壁塗装をする一番のメリットは何かご存知でしょうか?

一番初めに思い浮かぶのは「美観」だと思います。

色褪せてきた我が家の外壁や屋根を見ると塗装しなおしたくなりますよね。

ですが、塗装によるメリットは、見た目の美しさだけではないのです。

実は、屋根・外壁塗装をする一番のメリットは防水機能の回復・向上

美観以外の塗装における機能的な側面のほとんどは「防水」につながります。

では、なぜ防水を徹底しなければならないのかというと、

水は木材や鉄筋など家造りに使われるもの全てを劣化させる、外壁・屋根にとってはとても恐ろしい物だからなのです。

ですので、屋根・外壁のメンテナンスはお住まいを長持ちさせるためにとても重要です。

建物の屋根・外壁に合ったメンテナンスを定期的にしてあげることをおすすめいたします。

 

引き続き、作業の様子をお届けいたします。

コメント