千葉県松戸市にて 外壁塗装

上塗り 外壁塗装

先日、松戸市にて行った外壁塗装の様子をお届けいたします。

 

<下地処理>

下地処理

下地処理では、外壁にあるひび割れなどを補修し、塗装面を整え、外壁と塗料の密着を高めます。

 

<塗装>

▼下塗り

養生

下塗り 下塗り

続いて塗装面以外の箇所を養生後、下塗りに入ります。

下塗りでは、中塗り・上塗り塗料の密着を高めるために下地強化剤を塗ります。

塗料の機能性・耐久性の良し悪しを左右する大事な工程です。

 

▼中塗り

中塗り 中塗り

続いて中塗り。

中塗りは下塗り材の色を消し、上塗り塗料の密着をより高めるといった効果があります。

基本的に上塗り塗料と同じ色を使います。

中塗りを省いて上塗りだけで仕上げてしまうと必ず塗りムラができてしまうため、

下塗りと同様欠かせない工程です。

 

▼上塗り

上塗り 上塗り

続いて上塗り。

上塗りは建物の外観を決定づけ、また中塗りで生じた色ムラや気泡を覆い隠し、雨風や汚れから外壁を守ります。

上塗り塗料には、カビの発生を防いだり遮熱性を高めるといった機能を備えたものもあり、お住まいの地域や構造物に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

▼軒天塗装

軒天塗装 軒天塗装軒天塗装 軒天塗装

軒天とは、住宅を見上げた際に外壁から外側に突き出している屋根部分の裏のことです。

軒天には、美観性の向上・雨水や日差しによる外壁の劣化防止・延焼防止・屋根裏の換気

といった役割があり、お家にとってとても大事な存在。

経年劣化により木材が剥がれてしまっている場合には取り替えが必要ですが、

まだそのような状態になっていない場合は塗装によって劣化を防ぐことができます。

軒天塗装には主に、耐水性・通気性・防カビ・染み止め効果に優れた塗料を使用します。

 

▼雨樋塗装

付帯部塗装 付帯部塗装 付帯部塗装 付帯部塗装 付帯部塗装 付帯部塗装

続いて雨樋塗装です。

細かいところもローラーや刷毛を使いながら丁寧に塗装していきます。

 

軒天や雨樋などといった付帯部は、屋根や外壁と比べると塗装の重要度は低くなるかもしれません。

では、付帯部の塗装の必要性とはなんでしょうか?

単刀直入に申し上げますと、「家の寿命を延ばす」ために必要なのです。

付帯部は、素材が木製やビニール製など様々ですが、塗装することで

寿命を延ばすことにつながります。

太陽光の紫外線や熱、雨などで劣化した付帯部を交換するとなると、

高額な費用がかかってしまうことも…。

反りや破断がある場合にはどうしても交換が必要になりますが、

それ以外の場合は塗装し直すことによって安価ですみ、家を長持ちさせることにつながるのです。

 

この度は、タカミ建装をご用命いただき誠にありがとうございました!

 

コメント